大聖堂にガソリンとライター持ち込んだ男を逮捕、米NY市警 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米ニューヨークの聖パトリック大聖堂(St. Patrick’s Cathedral)に17日夜(日本時間18日)、ガソリンが入った缶2個やライター、ライター用オイルを持ち込んだ男(37)が逮捕された。 ニューヨーク市警(NYPD)のジョン・ミラー(John Miller)副署長によると、男は自分の車の燃料が切れ、近道をするために聖堂内を通ろうとしたと説明したものの、供述は一貫性がなくあいまいだったという。「われわれは男の車を見に行った。燃料は切れていなかったため、その時点で男の身柄を拘束した」と述べたミラー氏は、「どういうつもりだったのか、動機が何だったのかはか分かっていない」としている。

情報源: 大聖堂にガソリンとライター持ち込んだ男を逮捕、米NY市警 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

2019.04.18更新