ドイツの工場発注で2年ぶりに最大の不況が発生 (機械翻訳)フィナンシャルタイムズ

Manufacturing orders fell 4.2% from the previous month amid drop in foreign demand

情報源: ドイツの工場発注で2年ぶりに最大の不況が発生 フィナンシャルタイムズ

製造業の受注は、外需の落ち込みの中、前月比4.2%減となった。

ライプチヒのBMW組立ラインの従業員。

ロンドンのヴァレンティーナ・ロメイとフィリップ・ジョージアディス、フランクフルトのクレア・ジョーンズ YESTERDAY このページを印刷する ドイツの製造業受注は、金融危機以降、Brexitの不確実性の高まりと世界経済の減速に苦しんでいたため、最速のペースで悪化しました。 木曜日に発表されたドイツの統計局からの暫定的なデータによると、外国の受注が低迷したため、2月の新工場受注は前月比4.2%減となった。

Factsetによると、低下は2017年1月以来の最大の落ち込みだった。ロイター通信が分析したアナリストたちは、前月比で小幅な増加を予想していた。 前年同期比での受注は、2009年以来の最大の縮小率である8.4%減少した。新規輸出受注は、2桁の割合で減少した。

Pantheon Macroeconomicsのエコノミスト、Claus Vistesen氏は、次のように述べています。「ドイツの製造業は本格的な不況の真っ只中にあります。」 このデータは、同国の製造業の鈍化に対する新たな洞察を提供し、同国の工場部門の全体像を描いている綿密な監視産業調査を裏付けています。 ドイツの問題はユーロ圏全体に波及しました。欧州中央銀行は経済予測を大幅に縮小しており、通貨地域は今年わずか1.1%で成長すると予想しています。より低い見通しについての心配は銀行が危機の時代の銀行融資プログラムを再開し、その最も最近の会議で来年まで記録的な最低で金利を維持することを約束することにつながりました。 ドイツの産業界の苦悩は、新車の排出ガス規制などの一時的な要因により、昨年後半に始まったが、世界的な需要の鈍化や主要輸出市場での問題が食い込み始めたため、成長した。

1月までの3ヶ月間に英国への商品輸出、米国と中国に次ぐユーロ圏外のドイツの第3位の輸出市場は、前年同期比で6%下落しました。Brexitの不確実性の高まりは、英国の企業投資の縮小をもたらし、  ドイツの商品輸出に影響を及ぼしました。

ドイツへの英国への輸出額の半分以上は、機械や輸送機器などの投資財で構成されています – イタリアとフランスの約2倍の割合です。 ING Bankのエコノミスト、Carsten Brzeskiは、次のように述べています。 ドイツもトルコの不況の影響を受けています。1月までの3か月間で、トルコへのドイツの輸出は前年同期比で30%近く減少しました。 中国の減速はドイツの産業の減速を悪化させました。

それは、EU域外でのドイツの商品輸出の約17%が中国向けで、イタリアのシェアの約3倍であり、ユーロ圏平均の11%を大きく上回ります。 

Commerzbankのチーフエコノミスト、Joerg Kraemerは、次のように述べています。「輸出の伸びは大幅に落ち込んでおり、これは主に中国およびトランプと中国による一般的な不確実性に関係しています。 感情指標は、今四半期末まで続いているドイツの産業問題を示しています。3月には、IHS購買担当者の新規受注指数は、2009年以来最速のペースで下落しました。 Phil氏は、次のように述べています。「新規受注総額と輸出売上高の両方が、世界的な金融危機以来見られない速度で減少しています。スミス、IHS Markitのエコノミスト。 

主要経済予測をまとめて平均化した企業であるConsensus Economicsによれば、ドイツの景気悪化により今年のGDP予測は1%以下に修正された。 これは昨年初めの1.8%の拡大予測を大きく下回り、6年間で最低の年間成長率を示しています。(機械翻訳)

2019.04.05更新