人々がドラゴンを盗んでいくのでコモド島を閉鎖する

Indonesia’s Komodo island, which is inhabited by a vulnerable population of Komodo dragons, is set to close temporarily for tourists next year, local media has reported.

コモドドラゴンの脆弱な人口が住んでいるインドネシアのコモド島は、来年観光客のために一時的に閉鎖するように設定されている、と地元メディアは報じた。

インドネシアのテンポ誌からの報告によると、政府の決定は40以上のコモドドラゴンがそれぞれ5億ルピア(27,000ポンド)で売られた最近の密輸スキャンダルに直接対応してなされた。

インドネシア原産のコモドスは世界最大の生きているトカゲであり、絶滅危惧種の国際保存連合レッドリストには、絶滅危惧種より1等級低い脆弱種として挙げられています。

コモド国立公園内の島々やフローレス島でしか見られない、珍しい生き物です。

コモド島はコモドドラゴンの脆弱な人口の本拠地です。
画像:コモド島はコモドドラゴンの脆弱な人口の本拠地です。

彼らの希少性および局在化した生息地はそれらを観光客にやや普及させた。

当局者は、一時的な閉鎖の間にコモドの人口を増やし、環境を保全することを望んでいます。

インドネシアの環境林業省は、これまでのところ閉鎖の計画を公的に確認していないが、長い間公的な議論の対象となってきた。

情報源: Komodo island to close because people keep stealing the dragons | World News | Sky News

2019.04.04更新