韓国-大韓航空爆破事件2人の容疑者指名手配、バーレーン空港逮捕までの経緯

▲韓国外交部は30年が過ぎた外交文書を公開しKAL858機関連文書を大量公開した。主UAE韓国大使館が事件発生当日の87年11月29日午後5時30分にKAL858機航路と搭乗人員を最も正確に報告した。[資料写真 – 統一ニュース]

韓国外交部は、32年ぶりに公開した外交文書を通じてKAL858機事件を再構成してみると、容疑者の逮捕は、奇跡に近かった、劇的な役割を果たした「顕著甲」は断然有視界州UAE大使館参事官ある。また、最大の謎を残すこともした。

1987年11月29日、バグダッドを出発アブダビとバンコクを経由金浦空港に到着する予定だったKAL858機115人の乗客(韓国国籍113人)を乗せたまま行方不明になった。最終交信ポイントはアブダビとバンコク間ビルマ(ミャンマー)UDISポイントであり、次の交信地点であるTOVOYと連絡が取れなかった。

飛行機と乗客が海上でまんまと「失踪」うえ目撃者もいない事件の初期しおりをキャッチ困難な状況、以降、この事件の容疑者として指名された蜂屋真弓(金賢姫)と蜂屋真一(金勝一)は、既に、バーレーンリージェンシーホテルに移動してヨーロッパ行きのチケットを予約していた。ややもすると永久未解決事件に残さ可能性が高かった。

しかし、主UAE大使館は事件当日の11月29日から、他の大使館や情報機関とは異なり、非常に正確な情報を発信し始める。この日の午後5時30分、外交部にKAL858運行経路と時間、搭乗客を当時としては最も正確に報告した。乗組員20人を含む115人が搭乗しガンソクジェ総領事夫妻が含まれたということ。

特に目立つ報告内容は、「アブダビ出発時には、同航空機が良好な状態であったこと」という部分だ。事件発生前にすでに苗の把握があったこと。

▲メインUAE韓国大使館は12月3日のレポートで有視界参事官が事件前日11月28日ナウ式KAL858副機長と夕食を持って発表した。[資料写真 – 統一ニュース]

12月3日週UAE代理大使の外交部を見公文書に関連日誌が登場する事件前日、11月28日(土)午後7時、「ユ評議員は、問題の航空機に搭乗予定だったナウ式副機長(死亡推定)との晩餐、同航空機航続距離と仕様などについての意見聴取」ということだ。[AEW0349、V2.0037]

続いて「私副機長と夕食時得られた情報に同航空機はバンコクがワン2時間(香港程度)しか燃料が載っていないことを考慮し、バンコク到着予定8時間程度経過した現在、拉致の可能性はないと判断アブダビ下船15人の調査の実施」に乗り出した。すでに前日に事故機KAL858副機長には、情報をもとに、素早く対応に乗り出したもの。

ユ評議員は大韓航空側にアブダビで下した15人の名簿を提出を受け、「日本人2人のほかのの点希薄と判断」し、これらを追跡し始め、30日正午、日本大使館参事官に所在把握などを依頼した。

この日の午後8時には、メインのバーレーン大使館ギムジョンギ書記官自宅に電話して容疑者が、バーレーンリージェンシーホテルに滞在していて、「同人の同情のための直接接触を求め、可能であれば、バーレーン当局に出国停止要請するようにして同人が12.01.08: 30。アンマン経由ローマヒャンバル予定であることを伝え、 “した。容疑者の動線と飛行のチケット予約状況を手のひら察したように知っている状況を事実上主導したものである。[AEW0349、V2.0038]

これにより、バーレーン大使館ギムジョンギ書記官は30日夕方リージェンシーホテルを訪問し、蜂屋真一と漢字で筆談を分けたが、受賞した点を発見できず戻ってきて、ユ参事官は筆談の内容の蜂屋真一が12月2日に出国する予定とした点に着目、「脱出しようとする可能性」と判断して、金書記官に再度連絡し、緊急出動を要請して、最終的に12月1日のバーレーン空港でこれらを逮捕したのだ。

この過程で、日本政府も協力して容疑者が所持している日本のパスポートが偽造されたもので、速やかに確認、バーレーン空港からこれらを逮捕することができる根拠を提示した。

KAL858機事件発生初期の対応の過程で油参事官の役割を信じられないほど迅速、正確し、日本当局の偽造パスポート確認など素早い対応も通常のレベルよりも警告した。

特に容疑者が泊まっているリージェンシーホテルで、東京(東京)で正体不明の6通の国際電話がかかってくることもした。駐日韓国大使館は「11.29-12.1。間のバーレーンリージェンシーホテルに6回の電話が東京からかかって行ったところ、これはすべてが日本報道機関が歩いたことが確認されました」と報告したが[JAW-7093、V3.101]外交部は「日本のメディア機関が11.29と30日にハチちゃんに電話をしたのは、理解しにくい点がある。事実を再確認レポート風」と疑問を示して、日本大使館に確認を指示した。[WJA-5508、V3.0148]何か通常の範囲を超えた情報活動が活発に行われた痕跡と疑われる部分だ。

▲ユ視野参事官はバーレーンギムジョンギ書記官と並んで大統領表彰が上申された。[資料写真 – 統一ニュース]

とにかくこのように輝かしい功績を立てた有視界の評議員について、外交部は「ホチョル書記の代わりに有視界参事官にとって真由美身の回りのインドの航空券に同乗して帰国するように措置風」という専門を送っ[WAE208、V3.0147]真由美韓国、インド功労でギムジョンギ州バーレーン大使館書記官と並んで大統領表彰を受けた。たとえ次官補の装飾よりも格が低い大統領表彰であったが、実際の功労で言えば断然「スフンガプ」であるわけだ。[KAL機爆破容疑者の買収に関連対策、V4.0258]

参考までに、安企部顕著対象者と推定されるこれら今回の公開文書でも黒で名前が消された状態で残された。

KAL858機事件発生日前に副機長と運命的な晩餐を持ってまた「航続距離」、「仕様」などについて意見を事前に聴取しておいた後、事件発生直後信じられないほど迅速、正確な対応に乗り出して容疑者を逮捕した一番の貢献者有視界参事官がなかった場合蜂屋真由美と蜂屋真一の運命はどのように変化したのか?この事件で、米国からテロ支援国に烙印を押され、北朝鮮の運命まで…歴史にもしはない。

2019.04.04更新