フィリピン政府、論争の的になっている海域の中国の船舶は違法だと中国へ抗議 | (機械翻訳)Reuters

フィリピンは、論争の的になっている海域の中国の船舶は違法だと言っている

情報源: Philippines says Chinese vessels in disputed waters illegal | Reuters

マニラ(ロイター) – フィリピン外務省は木曜日、南シナ海、フィリピン領の島の近くで200隻以上の中国漁船が不法操業を行っている行為について、フィリピンの主権領域に対する明らかな国際法違反であると抗議しました。

フィリピン外務省は「中国政府が放置する場合ような行動を取る場合は、中国政府によって追認されたと見なす」と中国政府に対して強い不快感(叱責)を表しました。

ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は、2016年に就任して以来、数十億ドルの担保付き融資および投資と引き換えに、中国との温かい関係を追求してきました。しかし彼は今週火曜日、中国はフィリピンと友達になりたいだけだと述べ、「私には武器と弾薬が与えられました、そして今まで彼らは何も求めていませんでした、彼らはどんな領域も求めませんでした」と言いました。

しかし、フィリピンが中国へ抗議を表明した翌日、Thitu島の近くでの中国船の存在と、彼らの意図と役割について「野心を推進している」との疑いを投げました。

軍事データによると、フィリピンは今年1月から3月にかけてフィリピンではPagasa島として知られている(中国名Thitu島)フィリピン領の周辺で200以上の中国船を監視。「これらは海上民兵の疑いがある」として、今週、米軍司令部のスポークスマン、ジェイソン・ラモン大尉は「彼らは釣りをせずにちょうどそこにいる時があります。時々、それらはただ静止しています。」と述べています。フィリピン、ブルネイ、中国、マレーシア、台湾、ベトナムは、緊張する南シナ海で主権の主張し競い合っています。「我々は、関係者に対し、南シナ海における締約国の行動に関するASEAN – 中国宣言に反するいかなる行動や活動からも阻止することを求める。これらは緊張、不信、および不確実性を生じさせ、地域の平和と安定を脅かしている」と、ラモン大尉は伝えています。

北京・中国政府の外務省スポークスマン、Geng Shuangは、直接マニラ・フィリピン政府の抗議に言及しませんでしたが、水曜日にフィリピンで開催された南シナ海での二国間協議は「率直で、友好的で建設的」だったと述べ、南シナ海問題は直接関係する締約国によって平和的に解決されるべきであると繰り返し述べるにとどまりました。

先月、マイク・ポンベオ米国務長官は、南シナ海で紛争が発生した場合は、直ちに防衛行動を行うことを保証しています。(機械翻訳)

2019.04.04更新